東京で働きたい人へ

東京で働きたい人の為の求人

東京の歴史絡みの求人

東京は日本最大の人口を誇る都市なので歴史絡みの求人も様々なジャンルがあります。 まず学校法人からのものは当然ありますし出版社もむろんあり果てはゲーム会社による求人までありますし歴史ある店のものや伝統文化の普及という名目の職業もあります。 正社員のケースでは老舗の店による募集や伝統文化を伝える目的の保育士のものがあります。只アルバイトやパートの部類になると伝統や文化を押し出しているものの仕事内容は首を傾げたくなる様な違うようなのも混じっているのでぱっと見ただけで決めると無駄な徒労や後悔に繋がるのでちゃんと内容を確認した上で応募する必要があります。

求人の歴史について分かったこと

1972年7月14日に、東京日日新聞で日本初の求人広告が掲載されたそうです。思っていたよりも歴史が浅いのだと感じました。1970年代までは、中途採用に関しては新聞広告を使ったものがほとんどで、新卒者向けには直接企業が学校側に求人票を出して人材を求める形式が主流の時代でした。また、1980年代に入るとアルバイトやパートなどの非正規職員を雇用する事が増え、新聞チラシだけではなく週刊誌型の情報誌が広まるようになりました。1990年代後半~2000年代前半ではフリーペーパーが登場してきたため、週刊誌型の情報誌は相次いで廃刊になったそうです。

↑PAGE TOP